フリード+のリアクォーターに断熱材を入れました。おまけでウインカー小ネタもやりました。

車中泊の準備

先日、リアゲートに断熱材を入れました。

今回はリアクォーターに断熱材を入れます。

材料の用意

アクリアマット 1枚

気密防水用テープ

手順

1,準備する。

パンク修理剤やら入っているものを取り出しておきます。リアのサスペンションにアクセスするためのカバーとスライドドア側にあるカバー(なに用?)も外しておくと、内張りが剥がしやすいです。

ユーティリティボードもジャマにならないところに移動しておきます。

2,内張りをはがす。

内装剥がしで内張りを剥がします。後ろの上側からバッチンバッチンと外していきます。全部クリップです。クリップの位置は写真を参考にしてください。

後ろ側から前側に向けてクリップを外していきます、左側はシガーライターの電線があるのでコネクタを外します。

スライドドアを開けてステップを外します。こちらもクリップです。注意して外してください。うぐいすは左スライドドアの白いクリップを1つ割ってしまいました。

スライドドアのステップが外れたら、ドアモールを少しめくってクォータの内張りを取り外します。

3,断熱材を入れる。

前回同様、フワッとなるように適当な大きさにハサミでカットして入れていきます。

リアクォーターの上部はカーテンエアバッグが入っているようなので避けました。

4,現状復帰。

内張りをはめていって最後にリアスライドドアのステップを取り付けます。

カバーをはめてもとに戻したら終了です。

おまけでウインカーの小ネタ

ダイソーのガラスタイルで、ドアミラーのウインカーが見えるようになるというので試してみました。

黄色のガラスタイルを両面テープでくっつけただけですが、なかなかイイですね。

ちゃんと削って取り付けてみようかな。

0コメント

  • 1000 / 1000

うぐいすStandard

鶯谷に住んで山手線沿線とは思えないコスパが標準になってしまったケチなじいさんです。 周辺のお得な情報とか、趣味の車やサーフィン、ダイビング、登山、持っている資格に関連することなど、雑多に書き残します。 一貫性のない資格:PADI Divemaster、潜水士、小型船舶1級、第一級海上特殊無線技士、危険物取扱者乙種4類、QMS主任審査員、ISMS審査員補、EMS審査員補、GAIQ