フリード+に電源システムを作りました【準備編】

車中泊で電気を使いたい

先日、フリード+で車中泊をしました。湯たんぽのおかげで眠れましたが夜は寒い!せめて電気毛布が使えれば快適なのではと考えて、電源システムを作りました。

ハイブリッドシステムの電池から電源が取れれば最高なのですが、技術資料が見つからずサブバッテリーを設置することにしました。

電源システム要件

1,サブバッテリーへは走行中に充電したい。

2,停車中はサブバッテリーの電源のみで生活したい。

3,夜から朝まで電気毛布を使いたい。

4、ついでにスマホ充電もしたい。

5,サーフィンのときは洗濯用の風呂水ポンプで作ったシャワーを使いたい。

アイソレーター

サブバッテリーに走行中に充電するためのアイソレーター。ニューエラ社のSBC-004を選択しました。日本産で、ACC電源でON/OFFができ、昇圧回路があってサブバッテリーに確実に充電ができる点を評価しました。ソーラーパネルからの入力も可能です(計画してませんけど)。端子付きです。予備ヒューズが1個付属。昇圧回路は付属の配線で横のピンを短絡させると有効になります。

ACC電源の取り出し用にヒューズ電源も購入。

サブバッテリー

ACデルコ社のボイジャーにしました。ボートなど船舶でも使われていて互換品もあるくらいシールドバッテリーの基準になるモデルですよね。M30MFと悩んでM27MFにしましたが予想以上に重くて、慎重に持ち上げないと腰がやばそう。2個並列とかどうやって置くのかな。

ケーブル・電線、端子

バッテリーからアイソレータへの電線は、どうやらKIVが多いようですね。でもたしかKIVは耐熱60℃のはずなんだよなー、エンジンルームで使っても大丈夫なのかね。

ということで、8SQの仕様を調べてみました。

AVが自動車用の電線なので、これと同等もしくは同等以上の性能があれば。

・AV

自動車用ビニル絶縁電線。導体:外径3.7mm 絶縁体:厚さ0.9mm 外径5.5mm 耐熱80℃ 許容電流74A

・KIV 

電気機器用ビニル絶縁電線。導体:外径3.7mm 絶縁体:厚さ1.2mm 外径6.1mm 耐熱60℃ 許容電流61A

・HKIV

電気機器用2種ビニル絶縁電線。導体:外径3.7mm 絶縁体:厚さ1.2mm 外径6.1mm 耐熱75℃ 許容電流74A

・・・ KIVはやはり耐熱が心配ですね。HKIVは絶縁体を工夫して100℃あたりまで大丈夫なのもありますね。電気機器用よりも自動車用の電線を使ったほうが安心かも。

うぐいすが購入したのはこちら。

・N-SKILL耐熱OFCハイパワーケーブル

西大阪製線の自動車用電源ケーブル。導体:外径4.2mm 絶縁体:厚さ1.1mm 外径6.5mm 耐熱85℃ 許容電流70A

赤を7m、黒を3mで購入しましたが失敗でした、赤6m黒4mがベストでした。8SQくらい太くなると、つなぐのはムズいので長めに用意したほうがいいですね。

電線保護のコルゲートチューブ

エーモンの配線チューブ(連続使用温度95℃)内径7mm・長さ2mを3個。

端子の穴で失敗

8SQで穴が10mmの端子(R10-8)を購入しました。が!、10mmだと穴が大きすぎたので、R8-8を追加購入しました。

今回購入したのはこちら。5.5SQの端子も買ってしまいましたー。端子のカシメ部分用の絶縁キャップは必要です。あとは手持ちの材料を使いました。

設置場所

2列目後ろの荷台に木枠を作って設置し、バッテリーを置きました。

木枠はゴムベルトで固定しています。

次は

メインバッテリーからの電線引き込みとアイソレータの接続をやります。

0コメント

  • 1000 / 1000

うぐいすStandard

鶯谷に住んで山手線沿線とは思えないコスパが標準になってしまったじいさんです。2022年に千葉に軸足を移しました。 お得な情報とか、趣味の車やサーフィン、ダイビング、登山、持っている資格に関連することなどを書き残します。 保持資格:PADI Divemaster、潜水士、小型船舶1級、第一級海上特殊無線技士、危険物取扱者乙種4類、QMS主任審査員、ISMS審査員補、EMS審査員補、GAIQ