テレビの特定のチャンネルがうまく映らないのはアンテナの高さに問題がありました。

アンテナでテレビを見たい。

いままでテレビ放送はマンションの共同視聴環境で受信できていたので困っていなかったのですが、一戸建ての場合どうするか検討しなくてはいけません。

インターネットプロバイダやケーブルテレビ局の提供するテレビサービスを契約するか、アンテナを設置するか。

インターネット環境は、速度と費用のバランスから「nuro光」を導入しています。


nuroのテレビサービスは「ひかりtv for NURO」があるのですが、ひかりTV専用のチューナー経由になるので、テレビの台数を自由に増やせなかったり録画に制約があったり、なかなか普通にテレビを見るような快適さは得られません。

ということで、アンテナを設置することにしました。

千葉は台風で屋根が飛んだりという被害があったので屋外は避けて屋根裏に設置することにして、選定したのはマスプロの平面アンテナ。屋根裏なのでブースターは必須でしょう。


設置!

電源が必要なのでコンセントを用意し、屋外アンテナからの引き込み部分からたどって分岐器を見つけて接続、柱にネジで固定しました。

方向はざっくりスカイツリー方向に向けて、テストすると映りました。

が、しかーし!

たまにですが、日テレ(日本テレビ)だけドロップノイズが入って画像が乱れます。どうやら飛行機が上空を通過しているときに視聴に耐えなくなるようです。

日テレだけ電波が弱い?

こういうのって、受信障害では??

聞いてみた。

周辺からも苦情があるかもと思ったので、日テレと総務省に問い合わせてみました。

すると、総務省の関東総合通信局から回答をいただきました。(日テレからはノーレス)


お住まいの地区において、飛行機による受信障害の報告はありません。

特定のチャンネルが映らない現象は、ハイトパターン(受信アンテナの高さに

よって受信できる電波の強さが大きく変化すること)による受信レベルの低下

が原因と思われます。

当局ホームページで、ハイトパターンによる受信レベルの低下について解説し

ていますので、ご参照ください。

各チャンネルの周波数が異なることから、このハイトパターンも少しずつ違い

ますので、各チャンネルの受信レベルがほぼ同レベルとなるような位置を探り

ながらアンテナ位置を上下させる必要があります。


ハイトパターン!なるほど!

海上特殊無線技士(一海特)を持っておきながら知りませんでした。。。

調整。

テレビの設定画面にあるアンテナレベルを確認しながら、アンテナを上げたり下げたりしてみたところ、割と平均的にレベルが安定する位置が見つかったので、そこで固定し直しました。

30cmくらい上下に動かすだけでもアンテナレベルはかなり変化します。

まとめ。

テレビがきれいに映らないときは、アンテナの向きだけじゃなくて高さも確認してみましょう!アンテナ線の接続部分の接触がよくない時もあるかもしれませんね。

0コメント

  • 1000 / 1000

うぐいすStandard

鶯谷のコスパが標準になってしまい、2022年に千葉に軸足を移しました。 車いじり、お得な情報とか趣味のサーフィン、ダイビング、登山や持っている資格に関連することなど。アフェリエイトとかの実験も兼ねています。 よろしくお願いいたします。