フリード+ ラゲッジテーブルとグリップで車中泊が便利になりました

ラゲッジマルチボードがほしい!

何回か車中泊をしていて困ったのは、寝る時の荷物の置き場所。前席に移したり横に避けたり2列めの座席の下に突っ込んだりと面倒くさい。ラゲッジマルチボードがあれば荷物をその上に載せてしまうだけで寝るスペースが確保できるはず。

マルチボードをテーブル代わりにこんなことも(やってきました。あとでブログ書きます)。

ということで検討してみました。

純正はどうなの?

まずはホンダ純正を見てみる。

SUS社のアルミフレーム(SFシリーズ)に補強材や棚板などがセットになっているみたい。耐荷重もあるようだし使い勝手もよさそう。口コミでは、値段が高い、寝る時に膝が当たる、などマイナスポイントも。

ということで自作してみよう!

みんカラのみなさんを参考にさせていただき、リアゲートの物干しで使ったSUS社のG-Funシリーズで自作してみることに。ゆどうふydfさんのDIYが一番参考になりました!先輩がたありがたやー。

用意した材料はこちら。

フレーム

60cmのフレームを縦に2列。テーブルとして使うときは下段、物置きとして使うときは上段に板を渡します。キャップはすべてインナーキャップでも問題ないのですが、ちょっと赤を入れてみました。

・G-FunフレームN 600 4本

・G-FunエンドカバーN R 4個

・G-Funインナーキャップ 4個

サービス・ホールとフレームの接続

GFSFコネクタをサービスホールにボルトとワッシャーで固定。GFSFコネクタとフレームをダブルコネクタP15で接続します。

・G-FunGFSFコネクタNS 4個

・G-FunダブルコネクタP15 4個

・六角穴付きボルト(ステンレス)M6 30mm 4本

・平ワッシャー ステンレス M8 30mm 4個 

フレーム間

約7cmの間隔でフレーム同士を接続

・G-Funブリッジコネクタ 4個

組み立てて完成!

用意できたら六角レンチで組み立てるだけ。簡単です。

棚板は220cmがベスト!

棚板は適当な板を用意してカットします。長さは220cmがベスト、それ以上長いと下段に板をセットできません。うぐいすはクローゼットを分解したときに置いてあった中空のボードをカット、ちょっと補強してサンダーかけてウレタンニスで塗装しました。

棚板は上段に置いて走行するので、板の裏側と上段のパイプにベルクロテープをつけて取り外しできるようにしてあります。

ついでにグリップも作っちゃう!

G-Funのパイプ類を買うので、ついでにフレームの上にグリップも作っちゃいました。

こちらはターンナットとGFSFコネクタとちょっと長めのダブルコネクタを使って、30cmのフレームを固定。

ターンナットを取り付けるのに穴あけが必要です。まち針で場所を特定してカッターでサクサク切りました。

・G-FunフレームN 300 2本

・G-FunGFSFコネクタ 4個

・G-FunダブルコネクタP19.5 4個

・G-Funインナーキャップ 4個

・WAKAIターンナットF602 2つ

使いみちは?

これから考えます(爆)。が、下のフレームと網のようなもので接続していろいろ引っ掛けるようにするとか、アイデア次第ですね!


0コメント

  • 1000 / 1000

うぐいすStandard

鶯谷のコスパが標準になってしまい、2022年に千葉に軸足を移しました。 車いじり、お得な情報とか趣味のサーフィン、ダイビング、登山や持っている資格に関連することなど。アフェリエイトとかの実験も兼ねています。 よろしくお願いいたします。