フリード+ ホーンを交換しました

フリードのホーンを交換したい!

最近はほとんど鳴らさないのですが、音がいまひとつで気に入らないフリードのホーン。

ホーン交換にはバンパー着脱が必要のようなので、ちゅうちょしていましたが、辛坊たまらず交換することにしました。

ホーンの選定。

レクサスにOEM提供しているマルコホーンを選定しました。実際の音は聴いてませんが、レクサスサウンドなので大丈夫でしょう!

交換方法の検討。

フリード+ハイブリッドは2つホーンが付いていて、それぞれ配線が違うようです。

・セキュリティのホーンを兼用しているので1つの配線を切られても鳴るようにしておく。

・ヒューズは10A なので、セキュリティが発砲してホーンが鳴り続けても、たぶん大丈夫だけど、配線の太さによっては心配かも。

ということで、どちらかの配線を2本に分岐して新しいホーンを接続するのではなく、現状の配線を使って接続することにしました。

準備。

2つのホーンはコネクタが違うらしく、1つはホンダのホーンでよく使われているコネクタ、もう一つはHX060型2P防水コネクタのようです。

ミツバのホンダ用の純正変換コード(SZ-1152)とHX060型のコネクタを購入し、変換コードの1本を現場合わせで改造することにしました。

HX060型2P防水コネクタは、DaytonaのHONDAバイク用のものを購入しました。

バンパーを外した後に後悔したのですが、適当な長さのステーを用意しておけばよかった。バンパー外しちゃったら買いに行けないので。。。。

ボルト・ナットとワッシャー、テープ、タイラップは手持ちのものを使いました。

バンパーを外す。

フェンダーライナー側のビス2箇所

バンパー下側のビス2箇所とクリップ5箇所

上側のボルト2箇所とクリップ2箇所

少し持ち上げ気味にしてフェンダー側の爪を外して、バンパーを引っ張って外します。

取り付け場所を決める。

ウォッシャータンク下にホーン用としか思えない穴がありますね。

ここに直接ホーンを取り付けてみましたが、配線がボディに接触しそうです。

既存のホーンを分解してステーを作っちゃいました!

センターのホーンも取り外したホーンのステーを利用してサービスホールからぶら下げました。


この位置で決定です!

配線。

ウォータータンク下のホーンの配線はミツバの配線は変換コードをそのまま使えます。

センターのホーンは変換コードをカットしてHX060型コネクタのオスを接続します。

ちょっと失敗しちゃいました。左側がプラスなので緑の線を左にしたほうがいいですね。このホーンは極性がないので、どっちを差し込んでも鳴るからいいんですけどね。。w

テストしましょう!

テストがOKなら、余った配線をまとめて固定してバンパーをもとに戻します。


ひととおり揃えておけば難易度はそれほどでもないですね。天気のいい日にのんびり1日かけてDIYも楽しかったです。


0コメント

  • 1000 / 1000

うぐいすStandard

鶯谷のコスパが標準になってしまい、2022年に千葉に軸足を移しました。 内容は、お得な情報とか趣味のサーフィン、ダイビング、登山や持っている資格に関連することなど。アフェリエイトとか実験も兼ねています。 保持資格:PADI Divemaster、潜水士、小型船舶1級、第一級海上特殊無線技士、危険物取扱者乙種4類、QMS主任審査員、ISMS審査員補、EMS審査員補、GAIQ、第2種電気工事士