抵当権を抹消するのにムダな時間とお金を使った話

やっと住宅ローンが終わりましたー!
長かったわ、マジでw
金融機関からの書類は送ってくるのでもらっておくとして問題はそのあと。
抵当権の抹消手続き。やらなくては!
ということで、自分でやって見ました!
 
お金払って頼むって人には全く関係ないし、もうこういう手続きはしないと思うけど、いろいろあったのでメモしておくことにします。

どういう抵当権がついていたか

一つは会社の財形からの借り入れ。これは金利の上限が固定で下がるぶんには変動してくれていたので、最後まで借りたまま。
借りた後に換地されて住所表記が変更になっています。大丈夫かなあ。
 
もう一つは住宅金融公庫からの借り入れを、大手金融機関で借り換えしたもの。当時の住宅金融公庫金利が高かったので、途中で借り換えしてもお得になりました。
 
二つは同じ年(今年)に終わるように計算して借りてた。というか借り換えの期間を合わせた形。たぶん手続きが面倒だという直感がありました。結果は大正解。

抵当権抹消手続きの準備

法務局のホームページを見ましょう。
「抵当権抹消登記申請書」が必要。とあります。記入例もあります。
が、しかーし!
これ見てもどう書いていいか、さっぱりわかりません。ww

どうするか

法務局の窓口相談を使用しましょう。
というか、この方法しか自分でやる手順はないと思います。
窓口相談は電話で予約ができます。法務局のページで探してください。
予約しなくても、待ちますが相談は可能です。

法務局に行く

金融機関等からの書類と認印(シャチハタはNG)とボールペンを持っていきます。
わたしは、あちこちのページを見て、住民票や住居表示実施証明書を揃えて持っていきましたが、必要ありませんでしたorz 
事前に役所行ったり手数料を払ったりするのはムダです!まず、相談窓口で相談しましょう。必要となれば取りに行きましょう。1回で終わらせる必要はありません!

相談窓口で

言われた通りに書くべし書くべしw
書き終わったら、印鑑押してと言われるので押してw、収入印紙買ってと言われるので買って貼ります。

申請窓口へ

提出するだけです。
しばらく待つと呼ばれて、登記完了予定日を書いた紙をもらいます。

その日が来るまで待つ!

窓口でもらった紙と申請で使った印鑑を持って申請窓口へ。

終了!

とまあ、こうなればよかったのですが。。。

失敗したこと

先にも書きましたが必要ない証明書を役所にもらいにいきました。
・住民票 
抵当権抹消には必要ありませんでした!
・住居表示実施証明書 
そのものずばりの証明書はありません!換地証明で申請したところ、換地したときに住んでないと出せないと言われ!、法務局に電話で聞いたら戸籍の附表を持ってきてと言われ、それって本籍地の役所行かないともらえないやん!!
ということで、役所をハシゴして2通ゲットしましたー
相談窓口で、換地の件を相談したところ、「登記されてるんじゃない?証明書とってみて、登記されてなければ住所変更の届出が必要だけど」とのことで、その場で登記を確認すると、昔の住所と今の住所が併記されていて、住所変更登記が必要ないことがわかりました。

まとめ

必要だったお金と時間

法務局 相談窓口+登記申請 登記証明600円、抹消登記2000円x2

必要なかったお金と時間

役所1 住民票と換地証明の申請 住民票300円
役所2 戸籍の附表の申請 附表300円
 
 
 

うぐいすStandard

鶯谷に住んで山手線沿線とは思えないコスパが標準になってしまったケチなじいさんです。 周辺のお得な情報とか、趣味の車やサーフィン、ダイビング、登山、持っている資格に関連することなど、雑多に書き残します。 一貫性のない資格:PADI Divemaster、潜水士、小型船舶1級、第一級海上特殊無線技士、危険物取扱者乙種4類、QMS主任審査員、ISMS審査員補、EMS審査員補、GAIQ

0コメント

  • 1000 / 1000