タイの洞窟からの救出劇

全員救出まであと3人ですね。
ネットの情報によると、出口まで4kmで経路はこんな感じらしい。
 
キューバによる潜水
水のない部分を歩く
狭い通路を泳いで渡る
45度の急勾配を登る
歩く
出口!
 
驚くのが潜水部分。
私はスキューバダイビングのプロライセンスと潜水士の資格を持っているのですが、
この救助はかなり難易度高いと思います。
 
まず、短い期間で、ざっと思いつくだけでも、これくらいの準備は最低必要。
1、ガイドロープの設置 濁った暗い水中でこれ一番むずい
2、大容量の空気タンク 少年に担がせるのは無理だからガイドダイバーがもつ。ダブルタンクがいいけど狭いらしいので
3、少年それぞれに合ったサイズのウェットスーツとブーツとグローブ たぶん水はそこそこ冷たいはず。10日間ほとんど食べてなくて弱っている上に体温奪われるとヤバいのでダボダボはダメ。岩に擦れたりもするから保護にもなる
4、ヘルメット 頭ぶつける
5、マスク これも水が入ってこないようにサイズが合っているもの
6、少年たちへのダイビングの指導 パニックが一番怖い
7、超優秀なダイバー 少年を前後でサポート
 
いやあ、全員無事で出てこられるといいですね。
応援しています!
 
追記
無事に脱出しましたね!
すばらしい!
少年たちは薬でパニックを抑えていたようです。
大腸内視鏡とかで使う薬と同じものなのかな。
あれって、本人は寝ていると思ってますけど起きてますものね。
 
 

うぐいすStandard

鶯谷に住んで山手線沿線とは思えないコスパが標準になってしまったケチなじいさんです。 周辺のお得な情報とか、趣味の車やサーフィン、ダイビング、登山、持っている資格に関連することなど、雑多に書き残します。 一貫性のない資格:PADI Divemaster、潜水士、小型船舶1級、第一級海上特殊無線技士、危険物取扱者乙種4類、QMS主任審査員、ISMS審査員補、EMS審査員補、GAIQ

0コメント

  • 1000 / 1000