キヤノンの電卓を分解洗浄したら復活しました

修理を決意するきっかけ

お気に入りの電卓にコーヒーをこぼしてしまいました!

キヤノンのHS-121Tです。

すぐに拭いたのですが、一部のキーが固くなってしまいました。

しばらくして使うとキーが固まっていて押しにくい感じです。

一度動かすとスムーズに動きます。

ダメ元で分解して清掃してみましょう。

分解!

まず電池を外します。

ネジを取ります。

裏蓋のツメを小さいマイナスドライバを使って浮かせて、裏蓋を外します。

基盤をはずす

基盤を留めているネジを外します。

基盤は表蓋から伸びている樹脂の支柱でも留まっています。

支柱は溶着で留めてあるので、カッターで頭の部分を切り取ります。

基盤を外すとシリコンのシートがあります。

上が基盤のスイッチ部分で、下がシリコンシート。

シリコンシートをめくると、キーが見えました。

原因発見!

隊長!茶色いコーヒーのあとです!これが原因ですね。。

上蓋とキーにコーヒーのシミがありましたので洗うことにしました。

組みあげるときのことを考えて、キーの配置を写真に撮っておきます。

矢印キーとか符号逆転キーとかは間違いそうですねー。

ちなみに9と6は同じ形でした。

ま、最近の機種でしたらググればいいのですが。

洗浄!

ボールに中性洗剤を少し入れたお湯を張って、キーと上蓋とついでに下蓋も漬けておきました。

その間にシリコンシートにもコーヒーのシミがありましたので、こちらはお湯で濡らした布で拭き取りました。写真は拭き取る前です。

20分位できれいになったので、水ですすいでから乾かします。

乾かしている間に、基盤のスイッチ部分をコンタクトスプレーを吹いたティッシュで拭いておきました。

組みあげ!

スイッチと外側の蓋がきれいに乾いたら組みあげます。

ネジを忘れないように締めましょう。

動作確認して終了です。

まとめ

もしかして壊れちゃうかもしれないです。

そういう想定をしていたので、同じ機種をもうひとつ買っておいてから分解洗浄しました。

結果的にうまく動いていますが、分解洗浄は自己責任なので心に余裕が必要ですね!ww


うぐいすStandard

鶯谷に住んで山手線沿線とは思えないコスパが標準になってしまったケチなじいさんです。 周辺のお得な情報とか、趣味の車やサーフィン、ダイビング、登山、持っている資格に関連することなど、雑多に書き残します。 一貫性のない資格:PADI Divemaster、潜水士、小型船舶1級、第一級海上特殊無線技士、危険物取扱者乙種4類、QMS主任審査員、ISMS審査員補、EMS審査員補、GAIQ

0コメント

  • 1000 / 1000